妻がいない夜 漢をアゲる

おうちごはん
Sponsored Links

今日も妻がいない夜がやってきた。

この企画も何回目だろうか。

そろそろ、この企画も【ヨルツマ】と呼ぶことにしよう。

Sponsored Links

妻がいない夜をどのように生きるか

今日は若干、哲学的になってしまうが、お付き合いいただきたい。

   

愛する人がいない夜をどのように過ごすかということは、男女問わず重要な課題ではないだろうか。

たとえこの身を焦がす程愛する人だとしても、この世の全てを分かつ相手であったとしても、所詮は自分以外の存在。

そう、他人なのだ。

そんな相手と、生活を共にし、同じ空間にいるということは、他人の目に自分が晒されているということ。あるいは、相手が晒け出す姿を目の当たりにする、ということ。

となると、いつも当たり前のように側にいるその誰かがいない時間は、おのずと自分と向き合うことになる。

そう。つまり、自分を晒け出す姿を自分が見ているのだ

自分を晒け出す自分、晒け出される自分、それと向き合う自分、どれも自分なのだという事実を突きつけられるのだ。

自分を受け入れるということ

欲求の塊である自分に気づいた自分は、どのような反応を示すだろうか。

拒否するか。否定するか。見て見ないふりをするか。他人のせいにするか。それを受け入れようとするのか。

どれも間違いではないだろう。

なぜなら、この世で一番恐れる存在は自分なのだから。

自分のことは自分がよく知っているという人がいるが、それは間違いだ。

自分のことを一番理解していないのは自分だ。

自分のことを一番大切にしていないのは自分だ。

妻がいない夜にアがる。

俺は、妻がいない夜に漢である自分をアゲる。

誰にも邪魔されず、誰に忖度するでもなく、自分をアゲる。

浮気、不倫、風俗、クラブ、キャバクラ、ホストクラブ、マッチングアプリ、街コン・・・

どれもいいだろう。

だが、どれにしても結局は何も満たされない自分に気づくだろう。

それは、自分と向き合っていないからだ。

俺はアゲる。

俺は誰にも邪魔されず、妻がいない夜にアゲる。

そう、これだ。

カーネルさんちの揚げもん。

そ、何でも揚げときゃいいの

今回は鶏肉を蒸して、いい感じに混ぜた自家製の秘伝スパイス衣を纏わせて揚げるだけ。

カーネルさんちの揚げもんに限りなく寄せることを目標に、下ごしらえから入念に準備して揚げてみた。

漢になった俺

完全に漢になった俺は、もう誰からも縛られない。

不要不急の外出の抑制、20:00以降の飲食の中止。

世間は排除しようとしている。

しかし、漢は誰にも止められない。

揚げるだけ揚げる。

とにかく揚げる。

漢をアゲる。

ただ、漢になることを否定する人もいるだろう。

否定の内容は大体わかる。

       

こんなに、茶色で大丈夫ってことでしょ?

身体を犠牲にして、漢になる意味があるのかってことでしょ?   

    

いい?

いい加減に気づけってこと。

もう、世界は変わり始めてるってこと。

これ、食っときゃ大丈夫だってこと。

フリーメイソンも、イーロンマスクもザッカーバーグも全員これ食ってんの。

もう、誰にも止められないよね。

千切りにしちゃってるから、余計に大丈夫ってこと。

漢になるための相棒はこれ。

なぜ漢になるのか

愚問。

今の自分よりも、愛することだろ。

自分も、妻も、夫も、彼女も、彼氏も。

漢になる理由がそこにはあるんだよ。

漢になった自分がやること

そ。

もうお分かりだろう。

漢になった自分がやることはこれだ。    

  

↓これと、

                                                                 

↓これだろ。

↓あと、油まみれのキッチンにはこれをぶっかけときゃいいの。

                                                               

さあ、漢になろう。

何をグズグズしているんだ?

こんな時代だからこそ漢を求めているんだ。

アゲろ。

夜勤明け妻
夜勤明け妻

は?

ヨルツマ前回はこちら↓

↓ランキングに参加しています。ポチしてくれたらうれしいです。

にほんブログ村 料理ブログ 今日作った料理へ
にほんブログ村

                                                                

コメント

タイトルとURLをコピーしました